研修講師・カウンセリング・メンタルヘルス対策など、職場環境づくりのお手伝いを私共にお任せください。 経験豊富な講師、専門カウンセラー、専任セラピストがお手伝いいたします。

ブルーに惹かれる時の心理的な意味

ブルーに惹かれる時の心理的な意味
     

ブルー

ブルーに惹かれる時は、穏やかな静けさや平和的な雰囲気にシンパシーを感じている時かもしれません。ブルーは内向の色。自分自身の生きている意味を心の内に探している時の色です。

これまでやってきた自分自身の足跡を見つめなおす時期なのかもしれません。
また、ブルーは言葉による自己表現を表します。生きていく中では多くの人と出会い、色々な事を経験します。その中で、お互いを分かり合うためには、コミュニケーションが大切です。
相手を知るためには、まずは自分のことを知ってもらう表現力、相手の心を知るための受容力は必要です。自身のコミュニケーションの見直しにもいい時期かもしれません。


一方、ブルーに「過剰に」惹かれてしまうと自発的・能動的なアクションを起こさない過度な内向状態になってしまいます。ブルーの「慎重さ」は度を過ぎれば「自己の抑圧」「ブロック」になってしまい、孤独感を増幅させ周りとの関係性が悪くなることもあります。
自分を抑圧させ過ぎずに、自己表現してみましょう。

     
     
*ブルーにひかれる人へお勧めの香りは

※コミュニケーション円滑にする香り
     
◇会話が弾む香り:柑橘系全般
(オレンジ・ベルガモット・グレープフルーツなど)

     
※香り(アロマ)の使用については、アロマページでご確認ください。
     
カラーページへ戻る

お気軽にお問合せください。 TEL TEL / FAX 099-214-2158 10:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 働く人の心の保健室 ガトウリア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.