実施日 2017.11.17
実施先 肝付町立内之浦中学校
演目・タイトル 保護者・教員向け講演
テーマ 親と子のコミュニケーション 
~育つ・伸びる 子供の未来を支える3つのポイント~
目的 思春期の子供の心を知り、親子の会話を考える
研修・講演時間  60分
受講人数 約40名
研修実施後感想 温かな雰囲気で熱心に耳を傾けて頂きました。皆様、ありがとうございました。

今回の公演では、子供とのコミュニケーションについてお話ししました
・“自分で考えて動く”思考を育てる伝え方
・意見の尊重→責任の実感の流れが“学び”となる
・信じることの大切さ(ピグマリオン効果)
・伸ばす褒め方、叱り方
・心は、理屈ではなく理由に反応する

3つのポイント
①信じる  ピグマリオン効果
②認める 承認欲求 モチベーションUPの法則
③受けとめる 共にある 支える 安心感

アメリカインディアンの教え
• 批判ばかり受けて育った子は  非難ばかりします
• 敵意にみちた中で育った子は  だれとでも戦います
• ひやかしを受けて育った子は  はにかみ屋になります
• ねたみを受けて育った子は  いつも悪いことをしているような気持ちになります
• 心が寛大な人の中で育った子は  がまん強くなります
• はげましを受けて育った子は  自信を持ちます
• ほめられる中で育った子は  いつも感謝することを知ります
• 公明正大な中で育った子は  正義心を持ちます
• 思いやりのある中で育った子は  信仰心を持ちます
• 人に認めてもらえる中で育った子は  自分を大事にします
• 仲間の愛の中で育った子は  世界に愛をみつけます