実施日 2017.11.15
実施先 (公財)鹿児島県市町村振興協会自治研修センター
演目・タイトル 新規採用者研修
テーマ メンタルヘルス ~レジリエンスを高める2つのポイント~
目的 公務員となって、新しい人間関係や職務を経験した中で6か月経過したことを踏まえ、これらの環境の変化が心身に及ぼす影響について理解し、自分自身の健康状態を顧みるとともに、精神面の不調をもたらす各種の要因への対処方法等を学び、もって職場への適応力を高める。
研修・講演時間  180分
受講人数 約70名
研修の流れ 1. メンタルヘルスの基礎知識
(ストレス要因・ストレス反応・ストレスによる心の病) 講義
2. レジリエンスを高めるポイント①(自己理解) ワーク・講義3. レジリエンスを高めるポイント②(他者理解) ワーク・講義4. 良好な人間関係を築く会話のコツ
研修実施後感想 本日の研修での以下のご質問がありました。

心の不調の原因は脳ですか?

脳には本来、体を健康にしようする働きがあります。
私たちがストレスを受けると、まず「理性の脳」そして「本能の脳」に伝わり、この2つの脳がバランスを取りながら体調を整えてくれるのです。
過度の緊張が長く続くと、この脳のバランスが崩れ「脳疲労」になって病気の原因に。たとえば、オトナの女性特有の悩み「更年期障害」も、実はホルモンの減少だけが要因ではなく、心理的、社会的なストレスによって引き起こされるものなのです。これらの要因をトータルで解決するためには、「脳」を健康に保つことが大事なんです。

◆オトナの脳が喜ぶ5つの習慣
1.「味覚」を鍛える 
2.「嗅覚」を鍛える 
3.「視覚」を鍛える 
4.「聴覚」を鍛える
5.「触覚」を鍛える