実施日 2017.11.09
実施先 鹿児島市役所
演目・タイトル 職員研修
テーマ ストレスマネジメント ~レジリエンスを高めるポイント~
目的 ストレスとの向き合い方を学び、日常に活かす
研修・講演時間  90分
受講人数 約50名
研修の流れ 1. メンタルヘルスの基礎知識
(ストレス要因・ストレス反応・ストレスによる心の病) 
2.  ストレス予防・対策
・ストレスコーピング (レジリエンス(ストレス耐性)を高める方法)
・ストレスタイプ診断 ・アンガーマネジメント
3. 良好な人間関係を築く会話のコツ
研修実施後感想 本日の研修での以下のご質問がありました。

マイナス思考に陥りやすい人の特徴は?

①オールオアナッシングの考え方をしてしまう人
完璧主義で何事も段取りどおりに進まないイライラしてしまう人は、何か1つでも歯車が狂うと「もうおしまいだ」「何もかも無駄に終わった」というネガティブな感情にとらわれやすい。

②こうするべきであるという考えが強い人
「会社員は仕事を最優先にすべきだ」「女は男の言うことを聞くべきだ」などという固定された考え方をもっている人は柔軟性にかける傾向があり、自分の意に反した考え方や行動をする人に対してネガティブな感情しかもてなくなる。

③すぐに断定してしまう人
会社の同僚や部下が2~3回ミスしたところをみただけで「使えない奴」と断定したり、自分の意見を2~3度反故にした上司に対して「みる目がない」というふうに決めつけてしまう。

このように①~③の傾向がある人は完璧主義で視野の狭い考え方をしてしまうので、常に自分の思う通りにいかない場面に出くわすとネガティブな感情に支配されてマイナス思考になってしまう。
マイナス思考に陥ると、思考が停止して同じところを堂々巡りしてしまう人が多いです
一度自分の気持ちを書き出したり、友人に話したりして、整理しなおすと何かプラスの方向が見えてくるかもしれません。